ドライブレコーダーの交通事故の心理作用

このサイトは子供を育て、家族円満に暮らし始めた家庭に向けて、書きました。

なぜなら、私は小さな子供を育て、そして自動車にまつわる家族そして自分の子供、家族の将来にも関わるであろう問題を目にしたからです。



「ところで、あなたはドライブレコーダーをご存知ですか?」


ドライブレコーダーは、自動車のフロントガラスに取り付け、事故などにあったときに自動で録画をする機能です。


各自で好きな時にでも録画をすることも可能です。


なぜ、事故の映像を録画するかと言うと、それは「自分のため」、
そして「家族のため」でもある。


事故にあってからでは、既に遅いのです。


もし、自分や自分の子供が事故にあったならば・・・


あなたは、それを相手に立証することはできますか?



出来なければ、慰謝料や保険金も、もらえないかもしれません・・・

沢山の保険料を払っているのに、事故が立証されなければ
「何ら意味がない」と言っても言いすぎではないかと感じています。


もし、自分が事故を起した場合・・・


あなたは自分をどう立証しますか?



事故を起した場合、今後の自動車保険代も莫大に上がります。


子供の養育費もかかるのに、自動車保険代が上がってしまえば
家計を圧迫することは目に見えています。



そんな状態で、あなたは果たして、これから「十分にゆとり」があり、
そして「豊か」で「充実した生活」を送ることはできますか?



近頃ではテレビや雑誌などのメディアでドライブレコーダーの特集をする機会もあり、ドライブレコーダーがより一層浸透してきているのが現状である。


この現象は今後もより一層続き、そしてドライブレコーダーは個人ドライバーにも浸透していくことだろうと感じています。


むしろ、「浸透していって欲しい」とさえ思っています。


では、なぜドライブレコーダーは多くのメディアに特集され、そして法人のみならず一般消費者までにも浸透しはじめているのでしょう・・・


それは、交通事故に対する自己防衛とドライバーの心理的作用が影響していると言えるのではないでしょうか。



引用サイト:ドライブレコーダーどら猫2 失敗しないドライブレコーダーの選び方をご存知ですか?
posted by ドライブレコーダー調査隊 at 01:05 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。